"> "> 白内障手術|<? include("inc/title.inc"); ?>

白内障手術|

多焦点眼内レンズを使用した白内障手術

<? include("/>

白内障の手術では、水晶体の袋の中の濁りを超音波で吸い出し、残った袋の中に眼内レンズを挿入します。挿入する眼内レンズにはいくつか種類があります。

2020年4月より、術後の眼鏡装用率の軽減を目的とした多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。当院は多焦点眼内レンズの白内障手術を行う医療機関として届出をしています。
わかる!白内障
当院では、VERIONを使用することにより乱視用眼内レンズや多焦点眼内レンズなどプレミアム眼内レンズを正確かつ再現性高く行っております。

単焦点レンズ

<? include("/>

ピントが合うところが1か所になります。

多焦点レンズ

<? include("/>

ピントが合うところが2か所など複数になります。

乱視用眼内レンズ

<? include("/>

乱視を軽減する効果が期待されます。

多焦点眼内レンズは先進医療ですが、それが最善なレンズ選択とは限りません。
患者さんの目の状態と生活スタイルにあったものをお勧めいたします。

VERION image guided system

<? include("/>

VERIONは最先端の白内障手術に正確・再現性をもたらすための支援システムです。
手術前の検査により患者さんの状態を解析して計画を立てます。手術中の顕微鏡にガイドを投影し正確な手術を実現します。
手術後には再検査し、計画の確認を行うことにより、データの最適化を行います。

Verionの流れ

<? include("/>

【Image】目の状態を詳しく計測します。
【Plan】データを解析し、使用する眼内レンズなどの計画を立てます。
【Guide】手術顕微鏡に計画した切開する場所やレンズの位置を投影します。

検査室

<? include("/>

一度の検査で1,000枚におよぶ目の写真を撮影し、角膜の屈折力や乱視の軸、また結膜血管の形状や虹彩の模様など膨大なデータを取得します。

解析

<? include("/>

検査で得られた情報を詳しく分析し、切開する場所や使用する眼内レンズの種類や度数、入れる位置を決定します。

手術室

<? include("/>

解析で得られた手術プランに合わせて、手術顕微鏡にガイドが投影されます。
ガイドに合わせて切開し、眼内レンズを挿入するため、より正確かつ再現性の高い手術が可能になります。